在宅医療に関心がある薬剤師の求人

患者さんのために働けるところに応募できたことをよかったと感じています

在宅での患者さんで気を遣うこととしては、薬の残りが適正かどうかをよくみています。
在宅医療の患者さんは大抵の場合、主治医の先生が訪問診療ないしは往診で対応をされていることが多いですが、そのときに先生がよくみておられるので、その意見を参考にしていることも多々あります。
その情報やケアカンファレンスなどでの情報と実際に患者さんに接してみて、その時々で対応を適切に行うように努めているところです。
薬局で待つだけの仕事は元々自分にはあまり合っていないような気がしていて、この道を志しました。
自動車運転免許も取得して多少遠方の患者さん宅への訪問も苦になりません。
薬剤師求人を行っていた今の薬局でも、在宅医療への思いなどを伝えて採用をしてもらえたことを感謝しています。
薬局によってはまだまだ在宅への対応を行っていないところがありますが、最初に情報収集にて在宅への対応を行っているところかどうかを調べてから応募したので、行き違いはあまりありませんでした。
これからの薬剤師は、ただ患者さんの処方箋を待つだけあるいは院内処方だけをやっていくというスタイルは、持たないのでは無いかと考えています。
人口減少、少子高齢化で患者さん自体が減っていくという考えを持っており、出来る限り患者さんのために薬を処方したいという思いの下で行動をしてきたつもりです。
今後もその考え方に変わりは無く、患者さんのために働けるところに応募できたことをよかったと感じています。

キョウエイ調剤薬局西昆陽店の薬剤師求人情報と採用されやすい応募方法の手順 ⇒https://t.co/gLwztLv2Lt #キョウエイ調剤薬局西昆陽店薬剤師求人#キョウエイ調剤薬局西昆陽店薬剤師募集#キョウエイ調剤薬局西昆陽店薬剤師転職#

— Niki(弐忌)@4/25tnjp7 (@MollieMiralles) 2019年11月9日

在宅医療に興味を持っていました患者さんのために働けるところに応募できたことをよかったと感じています社会から求められることについてもしっかりと対応